薬を飲む男性

EDとは勃起不全のことで、勃起に関するさまざまな障害の総称です。医学的には、性行為を行うため、勃起を持続することができない、または硬くならない、再発を繰り返す状態が勃起不全と解釈されています。
完全に勃起しないのはもちろんのこと、硬くなってもすぐに柔らかくなってしまったり、性行為を行えるほどの硬さにならない場合、EDを発症している可能性があります。

健全な男性の場合、性的な刺激を受けることで脳の中枢神経に興奮が伝わり、その興奮は脊髄細胞を伝わって陰茎に伝達されます。体内に発生した一酸化炭素を合図に、陰茎には血液が一気に流れ込むことで陰茎は硬くなります。正常に勃起しないのは、こうした仕組みのどこかに障害が起きていると考えられます。

EDの原因は精神的なものと身体的なものと大きく分けることができます。精神的な原因としてよく挙げられるのは、ストレスや不安、極度の緊張などです。例えば職場の人間関係が悪化している中激務をこなしていると、神経をすり減らしがちになりますが、これがストレスにつながっていきます。大きな仕事を任されて、失敗したらどうしようと毎日大きな不安にさらされている、という場合も勃起不全を引き起こすリスクが高まります。過去に女性関係で大失態をしてしまった、女性の心無い一言に傷つき、その言葉を今でも思い出すような人は、女性の前で極度に緊張する傾向にあります。陰茎が小さいなど身体的なコンプレックスを抱えていることも、不安や緊張を高めやすくなります。勃起は精神的な要因に大きく影響されますので、こうした心理的要因が勃起障害を引き起こすと考えられています。

年齢を重ねるとともにEDになりやすいと言われていますが、これは生殖能力や血管、筋肉など身体的な衰えが原因です。常用している薬の作用でもEDになると指摘されています。特にうつ病の治療薬や降圧剤を服用している場合は注意が必要です。年齢的なことや常用している薬が体質に影響を及ぼす他に、糖尿病を発症していたり、動脈硬化が進行しているなど、他の病気が原因でEDにかかってしまうこともあります。前立腺の手術をした人は、合併症として勃起不全を発症してしまうこともあります。

思うように勃起しないと悩む人は少なく、勃起不全自体は珍しい症状ではありません。気にしなければ日常生活に支障をきたすわけでもないので、放っておく男性もいるのではないでしょうか。ですがEDの原因は多岐にわたっていますし、単に年齢的なものからくるというわけではありません。深刻な病気が引き金になっていることも考えられますので、病院で診察を受け、適切な治療が望まれます。

恥ずかしさや時間に追われて、病院に行くのが難しい方には、通販サイトでの購入も検討してみると良いでしょう。サイトでは、お買い得セットやジェネリック医薬品もあるので、安価に購入する事が可能です。オススメのED治療薬 が見つかるかも知れませんよ。